1. ホーム
  2. 火災予防
  3. 老朽消火器の事故

老朽消火器の事故に注意してください

9月15日及び16日に大阪市東成区及び福岡県行橋市において、腐食が進んだ消火器を操作したことにより、消火器が破裂し受傷したと見られる事故が相次いで発生しました。このことを踏まえ、消火器の適切な維持管理について次の点に注意してください。

消火器が風雨にさらされる場所や湿潤な場所等に設置されていないことを確認するとともに、消火器の状態を点検し、腐食が進んでいるものは絶対に使用しないこと。

不用になった消火器については、放射、解体等の廃棄処理を自ら行うことなく、回収を行っている事業者に廃棄処理を依頼すること。特に、腐食が進んでいる加圧式の消火器は、容器破裂の危険性が大きいので、速やかに廃棄処理を依頼すること。

過去10年間における老朽消火器の破裂による人身事故の状況

事故発生年月 場所 人的被害 機種型式 製造年 経過年数 事故概要
事故発生の状況 破損箇所
平成11年12月 東京都北区 負傷者1名 ABC粉末加圧式10型 1987 12 解体作業中 容器本体底部
平成13年3月 愛知県
名古屋市
死者1名 ABC粉末加圧式20型 1979 22 廃棄のため放射操作 容器本体底部
平成13年4月 北海道帯広市 死者1名 ABC粉末加圧式20型 1977 24 野焼きの火を消火しようとして操作 容器本体底部
平成13年11月 福島県 負傷者1名 ABC粉末加圧式10型 1975 26 子供が遊んでいたところ破裂 底部が破損
平成16年7月 千葉県八千代市 負傷者1名 粉末加圧式10型 消火器を分解中、口金が割れてガスが噴出し飛び出した 口金が破損
平成18年4月 佐賀県佐賀市 負傷者1名 ABC粉末加圧式10型 個人住宅に設置していた消火器を移動した際、底部の腐食部分が破裂 容器本体底部
平成18年9月 京都府
京都市
負傷者1名 ABC粉末加圧式10型 1989 17 下水へ流すため、安全栓を抜きレバーを握ったところ破裂 容器本体底部
平成20年4月 北海道
函館市
負傷者1名 粉末
加圧式
1981 27 廃棄するため、レバーを握ったところ破裂 容器本体底部
平成21年9月 大阪府
大阪市
負傷者1名 ABC粉末
加圧式20型
1989 20 子供が遊んでいたところ、屋外駐
車場に置かれていたものが破裂
容器本体底部
平成21年9月 福岡県
行橋市
負傷者1名 納屋の軒下に置かれていた消火器を自ら廃棄しようと操作したところ破裂 容器本体底部

老朽化した消火器の状況

老朽化した消火器の状況

消火器にも使用期限有り

消火器の疲労度チェックの箇所