1. ホーム
  2. 火災予防
  3. 古い消火器の事故に注意

古い消火器の事故に注意

老朽化した消火器の取扱いに注意してください

老朽化した消火器を使用したことにより、消火器が破裂し、負傷する事故が発生しています。
消火器は、非常に高い圧力で消火薬剤を放射する圧力容器です。
サビによる腐食やキズ、変形、ゆるみなどがあるものは消火器が圧力に耐えられず、破裂する危険があります。
消火器の状態を点検し、腐食等がある場合は絶対に使用しないでください。

老朽化消火器の取扱い上の注意点

    • ○ 老朽化した消火器は絶対に使用しないこと。
    • ○ 老朽化した消火器で消火訓練をしないこと。
    • ○ 老朽化した消火器を放置しないこと。
    • ○ 老朽化した消火器はすみやかに処分すること。
    • ○ 処分する際に、絶対にご自身で分解や放射操作をしないこと。
    • 消火器を設置する際の注意点

    • 事故を未然に防ぐために、現在設置されている消火器についても下記の点に十分注意してください。
    • ○ 水がかかる場所や、湿気の高い場所に設置しないこと。
    • ○ 床面に直接設置しないこと。
    • ○ 屋外に設置する際は、必ず格納箱を使用すること。
    • ○ 定期的に点検すること。(点検は、販売店等に相談すること。)
    • ○ 耐用年数を過ぎた消火器は使用しないこと。
    • 消火器の疲労度チェック!


過去の事故事例の紹介

○ 屋外駐車場に置かれていた消火器を操作した際に消火器が破裂し、子 供が負傷。
○ 納屋に置かれていた古い消火器の廃棄処理中に誤って消火器が操作さ れて破裂し、負傷。
○ 製造年不明の消火器の廃棄処理中に誤って消火器が操作されて破裂し 負傷。
○ 屋外にある消火器を片付けている際に誤って消火器が操作されて破裂 し、負傷。
○ 家庭で古い消火器を廃棄する際に消火剤を放出させようと操作したとこ ろ消火器が破裂し、負傷。

消火器の処分について

老朽化等で不用になった消火器を処分する際は、必ずお求めになった販売店、メーカー等に依頼してください。なお、不要消火器の処分は有償となります。参考までに、消火器の回収窓口については、鰹チ火器リサイクル推進センター(https://www.ferpc.jp/)に掲載されています。