厨房やダクトからの火災を防止しよう

 近年、飲食店や工場内にある排気管及びダクト等から出火する火災が多く発生しています。
 火災の原因については、コンロの消し忘れや周辺に可燃物を放置したり、ダクトや排気管の清掃、点検不足など人的要因によるものがほとんどを占めています。
 飲食店等を営むみなさまには、次のことに注意し、日頃からご注意いただくようお願いいたします。

 

厨房コンロ周り

  • 火をつけたまま、その場を離れないようにしましょう。
    煮込みや出汁取りなどで長時間調理をする場合でも 絶対その場を離れないようにしましょう。
  • コンロは壁から離し、周りに可燃物を置かないようにしましょう。
    壁とコンロが近いとコンロの直火や輻射熱により壁内の木材が焦げたり 焼けたりする恐れがあります。また、可燃物が風に飛ばされてコンロの直火に引火する恐れがあります。

 

グリスフィルター・ダクト

  • 定期的に清掃をしましょう。
    油脂類が付着したグリスフィルター等は、一度着火すると燃え広がりが速く火災が大きく広範囲になる恐れがありますので、定期的な清掃をしましょう。専門業者に依頼することも有効です。

 

日頃からの注意喚起

  • 閉店時や外出時には火の元の確認をしましょう。
    直火だけでなく、その周囲や換気扇付近も確認しましょう。

 

もしも火災が発生したら

  • 日頃から消火器を厨房近くに準備しておきましょう。
    火災が初期の場合は、粉末消火器や強化液消火器により初期消火を実施し、油から出火した場合は決して水での消火はしないようにしましょう。