通電火災の防止

通電火災をご存知ですか?

通電火災とは、大規模地震などに伴い停電が発生し、その後、安全が確保され電気が復旧した際に発生する火災のことをいいます。

阪神・淡路大震災では神戸市内で157件の建物火災が発生しましたが、原因が特定できた55件のうち35件が電気火災と最も多く、そのうち33件が通電火災によるものでした。

 

なぜ火災が発生するの?

電気ストーブや観賞魚用ヒーター、オーブントースター等の電熱器具を使用中に地震が起こると、揺れの影響で可燃物がヒーター部分に接触した状況になることがあり、停電から復旧した際に、これらの器具が再度通電することにより、可燃物が過熱されて出火に至るのです。もちろんこれらの電熱器具には過熱を防止する装置や転倒時に児童で電源が遮断される安全装置が設置されているものもありますが、地震時の室内の状況によっては落下物等により安全装置が正常に作動しないことがあり、火災が発生するケースがあります。この他にも、揺れの影響で電気配線の被覆やガス器具のホースに傷が付き、電気が復旧した際に配線がショートして火花が発生し付近のほこりなどに着火したり、漏れたガスに引火して火事になった事例もあります。

 

通電火災を防ぐためには

地震が発生した際には、電気の電源を遮断することが必要ですが、外出中や避難時に余裕がないときなどは電気を遮断することができません。このようなときに電気を自動で遮断してくれる感震ブレーカーが効果的です。

ただし、自分の家だけ感震ブレーカーを設置して火災を防いでも周囲からの火災は防ぐことはできません。近年、住宅密集地域での火災が増加してます。地域一帯で設置することでその効果は一層期待されるものですので、今一度隣近所の方と地震対策や感震ブレーカーの有用性について話し合う機会を設けましょう。

 

詳しくは下記のリンク先へお願いします

経済産業省「感震ブレーカーの普及啓発」

http://www.meti.go.jp/policy/safety_security/industrial_safety/oshirase/2015/10/270105-1.html