お知らせ 予防課 2021.6.1

旧規格消火器は2021年12月31日までに交換が必要です

古い消火器使っていませんか?

2011年1月1日に消火器の規格省令が改正されたことにより、旧規格の消火器は2021年12月31日を過ぎると消火器として認められなくなりますので、早めの交換をお願いします。

◆文字表示のみの消火器は、交換が必要です。
◆絵文字表示の消火器は、今後も設置可能です。

◆消火器の設計標準使用期限はおおむね10年です。

見た目が新しく見える消火器でも、長い間設置していると経年で不具合が生じることがあります。メーカーが推奨する消火器の設計標準使用期限は製造よりおおむね10年(住宅用消火器はおおむね5年)です。
新規格の消火器の本体には「設計標準使用期限」が書かれています。設計標準使用期限が書かれていない消火器は旧規格ですので、早めの交換をお願いします。

◆ご不要になった消火器はお近くの販売店へ
(※消防署で引取りは行っておりません)
ご不要の消火器は廃棄の窓口となる「特定窓口」(消火器販売店等)または「指定引取場所」(メーカー営業所等)へお持ちください。
お近くの窓口は消火器リサイクル推進センターのホームページまたはお電話(03-5829-6773)でご確認できます。

出典:「旧規格消火器は2021年12月31日までに交換が必要です。」【一般社団法人日本消火器工業会】